FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リノベーション~枯笈庵(こきゅうあん)

枯笈庵2枯笈庵1枯笈庵3

母屋の脇にあった倉庫を住まいとしてリフォーム計画中な模型です。
クライアントは「千と千尋の神隠し」のお湯屋のような
大正期のようでいて雑踏、凝縮した住まいをご要望されていましたので
平屋の倉庫をスキップフロア、2層、3層を設け、木質と珪藻土の素材感のある空間を創出しました。
天井高さは1.4mから1.7mなところもあり、キャットウォ-クのようなデッキ廊下で上階のロフトと水廻りを繋げ、梯子で上り下り可能な設えをして
遊び心満載で濃縮還元な空間となっています。
利便性、合理性では無い、使いにくいけど豊かな住空間、このギャップに挑戦、具現化してみました。
模型写真だと分かりにくいので、後日、分り易い3DCGにしてみようと思います。

8月末(もっと早く)ごろには完成しているので乞うご期待!


枯笈庵(こきゅうあん)と命名しています。
「枯」は葉が落ち、草木が芽吹くまで耐え忍ぶ様でいて、無限のエネルギーを蓄えていること。
「笈」は修験者が背負う、仏具や衣服、食器など、万能な箱。生活の全てがコンパクトに凝縮された箱
外観は窓廻り以外は全く手を付けないので、内部に濃厚濃密なエネルギーを秘めているとは分からないですが<枯>、玄関扉を開けてみると、その内部空間は非合理的でありながらの豊かさを感じる空間<笈>が広がりますーという意味です^^。

クライアントは大変楽しみのようで、創り手としても出来上がりが大変楽しみです。

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kozuru.blog73.fc2.com/tb.php/12-039ccfcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。