FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土曜丑の日。いざ浅草へ

久々の更新です。
日々図面作成に追われてました。
 7/24(日)は土曜丑の日。美味しい鰻を食べようと、車でドライブを兼ねて行きました。どうして、浅草? 別に美味しい店を知っているわけでもないんだけど、
私の右脳が鰻=浅草を結んでいるから仕方がないのです。美味しい匂いのする店に入ろうと決めて向かいました。 
 浅草寺近辺の駐車場に車を止めて、ぶらり家族3人で雷門を通って。ガイジンや観光客がしきりに雷門の写真をとっている横で娘と家内を写メールでパシリ。いい感じ、いい感じ。 SN340001.jpg


 大通りを渡って、裏通りの小道を歩くと、鰻の焼く匂いが漂ってきます。 ファーストスメルに引き寄せられて入った店は「川松 別館」。明治創業の老舗の鰻屋でした。昼の12時過ぎだったので、少し待つ事に。娘は珍しく行儀良く椅子に座って、きょろきょろ。クラス会の予約をしていたと思われる初老の方々が和気あいあいと店の中に入ってきました。立ち振る舞いが、どことなく粋を感じさせ、浅草という街の風情を感じました。待つこと20分、お腹もかなりすいていたので、そそくさと席について待ちに待った鰻を注文。娘もお腹がすき過ぎたのか、おとなしく座って待っています。
 ようやく待望の鰻が登場!114cc81e.gif

 一昨年は中国産の鰻。去年は国産のseiyu鰻。今年は浅草の老舗で鰻!しみじみと感じながら一口頬張ります。「美味い!」身は柔らかく、脂がのっていてタレも申し分ない旨味を引き出していました。娘は初めての鰻。慎重な娘は初めて食べるものはいつも一口目は食べるとすぐにペッと吐き出す。この鰻もペッと吐き出しましたが、直ぐに拾って食べました。それから娘は大きく口を開けて美味しそうに食べました。大盛りを頼んだのですが、大盛りに見えなかったので思わず「大盛りですか」って聞いてしまうほどの量だったので、ゆっくり、味わって食べました。
 偶然見つけた老舗ですが、これから毎年この「川松 別館」に食べに来ようかな。イベントにしよう。
 店を出て浅草寺の仲店群を散策。娘の浴衣を探しましたが、手頃で良いものが見つからなかったけど、出来立ての人形焼きを頬張りながら歩くのは、浅草らしくて楽しかったです。途中、娘が店先で転んで足を擦りむいた時に、店にいたおばさんがバンドエイドを貼ってくれました。人の人情にも触れる事ができました。また、行きたいな。  



コメント
鰻=浅草???面白い結びつきですね。浅草はとにかく人の活気が盛んで私も好きな街です。仲見世の人情も人の活気があってこそ。そういう街こそ、日本ならではなのに、最近はめっきり減って寂しいですね。早く娘さんの浴衣を探して、今度は親子3人揃って浴衣でお祭りや花火など・・・いいですね!では。
2006/07/25(火) 12:43 | URL | とおる #-[ 編集]
浴衣,欲しいんです。甚平じゃなくて。
 浅草に行った時、浴衣着ている女性がうちわ片手に歩いていました。
浴衣は見た目も涼しげで、やっぱり日本の文化の一つだなと感じましたよ。 買いたいなぁと思っていたら、実家の親が娘に買ってくれるようで
、花火に着させようと思っています(間に合うかな)。
2006/07/28(金) 09:25 | URL | kozu #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kozuru.blog73.fc2.com/tb.php/7-09cbb8da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。